診療方針

並木メンタルクリニック西川口駅前では、患者さんひとりひとりに合ったオーダーメイドの治療を行っていきます。

西川口の心療内科・精神科、並木メンタルクリニック西川口駅前です。心療内科・精神科での治療の基本は、症状を改善させ、患者さんご自身やご家族が望む状態に改善をさせていくことです。このためには、環境調整や必要に応じて薬物療法が必要となってきます。例えば、あるストレスが原因で気持ちが落ち込んでいらっしゃる時は、そのストレス因から逃れられれば、一時的に症状は改善できるでしょう。そうした上で今後そのストレス因にいかに対処していくかを一緒に考えていく必要があります。そのストレス因にかかわらないような別の選択肢を選んで生きていくことも一つの方法です。しかし、初めからある程度こころの症状を認めておられる場合や、どうしても環境調整や傾聴だけで症状が改善できない場合があることも事実です。そのため手段の一つとして、薬物治療が必要となってきます。治療薬は、正しく使っていくことで症状を改善させ、落ち着いた生活を送るサポートとなりえます。治療薬には必ず効果と副作用があります。睡眠薬や抗不安薬といった依存性があるものや、以前ほどではないものの多少の副作用が生じてしまう薬もあります。そして、このことはすべての診療科の薬に共通しています。当院でも処方を行いますが、日本精神神経学会専門医・指導医が患者さんひとりひとりの症状や環境、副作用に十分配慮し、そして処方時に効果と副作用を説明して、納得していただきながら治療薬を決めていきます。また、他医療機関通院中の患者さんへのセカンドオピニオンも行っております。心の不調でお悩みの方は、一度当院までご相談ください。